FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

沿革

「旗章学(きしょうがく Vexillology)」と言う名称はあまり聞き慣れないものですが、国旗を始めとする様々な旗(もちろん旗指物なども含む)や旗に関わるもの(例えば国章)を調査・研究対象としています。

日本旗章学協会(JAVA, Japanese Vexillological Association)は旗一般に興味関心ある人の団体です。皆で情報交換・意見交換をしながら興味関心を深めてゆく同好の士が集まりです。あらゆる年齢の人に開かれておりいつでも入会できます。

         沿革

設立経緯:現在世界には50あまりの旗章学協会が設立されており、お互いに緊密な交換を行っています。
     日本旗章学協会は旗に興味を持っている有志が集まり、1999年12月5日設立準備会議を開き、
     2000年1月1日に発足しました。

2001年7月英国ヨーク市で開催された第19回国際旗章学会議に日本代表と
して初めて参加、国際旗章学協会連盟の正式会員として認められました。

2009年には第23回国際旗章学会議を横浜開港150周年に合わせ横浜で開催、
世界各地の旗章学協会から多くの参加者がありました。この会議はアジアで初めてでも
あり、JAVA設立10年目の記念すべき行事でもありました。

会合:原則として毎月1回土曜ないし日曜の午後、中央区日本橋公会堂会議室などで月例会を開催。
     この他、年初の定時総会、適宜企画される野外活動があります。
       
出版:協会及び会員が関与しているもの
 ①協会 昭文社「なるほど知図帳世界」各国要覧国旗監修
 ②会員 苅安 望 平凡社「世界の国旗と国章大図鑑三訂版」2008年(初版2003年、二訂版2006年)
             「こども世界国旗図鑑」2009年偕成社
          彩流社「世界の国旗図鑑―歴史とともに進化する国旗」2007年
             「世界の軍旗・翼章・国旗図鑑」2007年
             「世界海事旗章図鑑―旗から見える海の世界史」2008年
             「列強植民帝国旗章図鑑―旗から見える世界史500年」2009年
           
     印南博之 東京美術「西洋紋章パヴィリオンーその形や色にかくされたドラマ」1992年  
           彩流社「切手が伝える第二次世界大戦―メディアとしての切手」2006年
           
     加藤鐵雄 彩流社「戦国武将『旗指物』大鑑」2010年
スポンサーサイト
.09 2010 未分類 comment2 trackback0

日本旗章学協会の御案内

日本旗章学協会では広く会員を募集しています。
会則に基づき入会日から1年間有効な年会費は法人会員は3万円、個人会員5000円となっています。
入会申込書に記入の上、年会費をお支払いになれば簡単に入会できます。


                           

1)名称:日本旗章学協会(にほんきしょうがくきょうかい)
        英文:Japanese Vexillological Association (JAVA)
        URL:

2)連絡先: 会長 苅安  望 melnk@s04.itscom.net      
  
3)会員数: 14名  2010年10月末現在(うち法人会員2名、外国会員2名)

.09 2010 未分類 comment3 trackback0
 HOME 

プロフィール

shin

Author:shin
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。